フリーエリア

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 、リハビリテーションに関わる全ての人へ

お取り寄せ


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みなさんも同じような事を考えたり話し合ったりしたことがあると思いますが、PT、OT、STのそれぞれの専門性が重複し合いおかしくなってきています。それぞれに素晴らしい専門性をもつ職種なのですが、個々のセラピストが知識広げるばかりでなく「これも私たちの専門」「あれも私たちの専門」などと言いながら「実は自分達で自分達の首を絞めている」状況に気付いていません。最近、私の友人が「PT、OT、ST」にアンケートをとって、それぞれが感じている専門分野や、今後の展開について質問していました。その結果、殆どの回答があらゆる方向に意識がひろがっており足元を見つめなおすような回答はごく一部だったようです。その中でも特にOTはひどかったようですよ。
(アンケートは限られた病院の50名ほどの中で遊び感覚で行ったものなのでそれほど客観性があるか分かりませんが)
個々に秀でたセラピストは沢山いるようですが、優秀=まとまる組織ではないようですね。
まるで、環境破壊や政治がうまくコントロールできないように、医療崩壊に向けてリハビリテーションも同様に進んでいっているように感じているのは私だけでしょうか?



<前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>


スポンサーサイト

コメント

はじめまして。
コメントありがとうございます。

今の病院は、
PT、OT、STが完全に分かれていて専門的にやるのはいいのですが、逆に重なる場合が誰がやるかと担当同士ではなく患者とそれぞれの担当で話し合うと言うのが少しややこしくなっています。

ヨロシクお願いします。

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。