フリーエリア

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 、リハビリテーションに関わる全ての人へ

お取り寄せ


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
戦場カメラマン渡部陽一さんのコメントより


最近、テレビに引っ張りだこの戦場カメラマン渡部陽一さんのコメントから

「相手の国と仲良くするために」

「まずは相手の国がどういう国なのか具体的に知ることが大切」

「知らなければ何も始まらない」

なんて言葉がありました。

リハビリテーションも同じですよね

リハビリテーションはチームアプローチなんてことは学生さんでも知っている

ことですが、いざ職場に入ると

「看護は何も分かっていない」「医者は~~~~」「介護は~~~~」

いったい何をやっているんだ!

いやいや、リハの職員は何もしてくれない、訓練時間がどうこう。。etc

セラピストは他の職種がどういう価値観でどういった仕事をしているのか

本当に理解できているのでしょうか?



上司は部下のことがどれだけ理解できているの?

部下は上司の文句ばかり?上司がどんな仕事をしていてどんな人なのか本当に

理解できているのでしようか?



あまり理解していない中で相手の弱点ばかりを探り合っているようでは患者さんの

良いところなんて見つけられないのかもしれませんね。

良い点を見抜くのも、悪い点を見抜くのも相手とのコミュニケーションを増やして

相手に近づくことで本質が見えてくるんでしょうね。



十分相手を理解していない中では想像だけが膨らみ「あの部署は・・嫌いダメ」「あの人とは合わない」

なんてこと意外に多くないです?

正直私はよく思うほうです。

一側面だけを見ての反応ですよね。



最近「もしも~~ドラッカーを読んだら」を読みました。

皆から情報を集めることの大切さ、個々の能力の引き出し方などとても勉強になりました。

この本に書かれていたことと渡部さんの言葉にもいくつか共通点があります。


それは「相手を知ること」の大切さです。

それが第一歩!

私も明日から実践したいと思います。



リハビリテーション分野で奮闘している皆さんが書いた
ブログが結集しています。

一度覗いてみて下さい。
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


<前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>

FC2 Blog Ranking">FC2 Blog Ranking









★amazonリハビリテーションライブラリー
 http://library77.web.fc2.com/
★セブンアンドアイリハビリ本オンライン書店
 http://7andylibrary.web.fc2.com/
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。