フリーエリア

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 、リハビリテーションに関わる全ての人へ

お取り寄せ


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
医療現場での“無診察リハ”の実態把握へ 
日本リハ協/「違法」とする意識醸成がカギ
2010年5月17日 提供:Japan Medicine(じほう)
m3comより

 医師による診察をせず、リハビリテーション治療を行うだけで再診料も算定する-。「無診察リハ」について日本リハビリテーション病院・施設協会(浜村明徳会長)は14日の理事会で、実態把握に乗り出す方針を決めた。無診察リハの問題は、すでに診療報酬の返還命令を受けている事例が出ているが、根絶できないでいる。同協会では、今回の診療報酬改定で、リハビリ全体の点数が一定の評価を受けていることからも、違法請求の根絶とリハビリ界全体の結束を求める構えだ。その対応については、医療機関だけでなく、国民、患者の理解も必要としている。

 国民への啓発も重要な視点に同協会の石川誠副会長(初台リハビリテーション病院理事長)は理事会後、本紙の取材に対して、「無診察リハについては、医師の診察がなく、リハビリだけを行い、再診料やリハビリ報酬を算定してしまうというものだ。これまでも根絶に向けて警鐘を鳴らしてきたが、なかなか行き届かなかった。医療機関だけでなく、患者ニーズが大きな比重を占めるなど、問題は根深い」と指摘した。
 
 それが今回の診療報酬改定によって明細書の発行が義務付けられたことで、患者側から「診察を受けていないのに再診料がついている」などの質問事例が上がっている点を重視。同協会では、外来リハビリ医療の質的向上を図る上でも実態を把握することにした。
 
 石川副会長は、無診察リハの問題解決に向けては、違法性を患者に周知徹底することも重要な視点とみている。加えて、根本的な問題は、医師を適切に確保していけるかだとしている。
 
 こうした状況を踏まえ、今回の無診察リハの実態調査では、<1>外来通院によるリハビリサービスを実施しているかどうか<2>外来通院リハビリの1日平均患者数<3>患者1人1日当たり平均リハビリ実施単位数<4>通院リハビリ実施患者における疾患別リハビリの割合について(脳血管リハビリが多数か、脳血管リハビリと運動器リハビリが同程度か、運動器リハビリが多数か)<5>医師の診察の実施状況-毎回必ず診察-診察していないまで段階的に設問<6>医師の診察とリハビリの実施時間の関係(リハビリ実施前に診察、リハビリ実施後に診察、状況に応じリハビリ実施前あるいは後に診察)-などが盛り込まれている。
 14日の理事会で承認を受けたことから、早急に調査を実施する計画だ。無診察リハは、医療機関では無診察投薬と同様に見られがちだが、リハビリについては患者本人が来院しなければ治療が発生しないことから、無診察投薬以上に深刻な問題ともいわれている。
 さらに、入院の部分では、今回の診療報酬改定で休日リハビリテーション提供体制加算が新設された。外来と異なり、医師の診察なしでのリハビリに違法性はない。しかし、入院であっても休日に医師がきちんと配置されていることは必要とし、次期診療報酬改定で、回復期リハビリテーション病棟で休日リハビリテーション提供体制加算を算定する要件については、入院患者数に対して適切な専任医の配置を申し入れる計画だ。

 リハビリ算定日数制限は全貌把握が先決

 一方、石川副会長は、リハビリ算定日数制限については、リハビリ医療の全貌を把握し、十分時間をかけて議論していくべき課題だと指摘した。4月の衆院厚
 
 生労働委員会で長妻昭厚生労働相が日数の制限の現状把握を回答したことを受けて、日数制限についての認識を示した。
 
 さらに、2010年度改定で維持期における月13単位までのリハビリの提供が継続されたが、現在の介護保険下でのリハビリ提供体制が十分でないことは明らかとしている。「むしろ、リハビリについては、医療保険で行うことで統一する制度設計に切り替えていく方が結果的に患者にとって利便性の高い提供体制になるのではないか」と述べた。
 
 その際には、重症度や発症からの期間により何単位を上限というように一定の条件を付けることや、新たな疾病障害の増強時に短期集中的リハビリが適切に提供できるようにするなど、患者ニーズに応じたリハビリ提供が可能な仕組みを検討すべきとしている。2年後の診療報酬・介護報酬同時改定における1つの検討課題になっていきそうだ。

m3comのURL↓
http://www.m3.com/news/GENERAL/2010/05/17/120355/?Mg=3204cf809826522ecfede9920c7e0d89&Eml=8bd641f0d981da2c5e371ce3985455fb&F=h&portalId=mailmag&mm=MD100517_XXX

リハビリテーション分野で奮闘している皆さんが書いた
ブログが結集しています。

一度覗いてみて下さい。
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


<前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>

FC2 Blog Ranking">FC2 Blog Ranking










スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。