フリーエリア

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 、リハビリテーションに関わる全ての人へ

お取り寄せ


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
障害者用自転車 堀田製作所 堀田健一

2/15のフジテレビ「エチカの鏡」で取り上げられた「堀田製作所の堀田健一さん」高齢者・障害者用自転車を作り続けている日本の第一人者です。
たしか以前に「奇跡体験アンビリバボー」でも特集されていましたね。
オーダーメイドで高齢者や障害者のために自転車を作成し安価で提供し、その為に家族に大変な苦労をかけるも、皆で支えあいながら今ではどうにか生活が成り立つまで成長。「もう辞めよう」と何度も考えながらも、利用者からの声に後押しされながらこれまで続けてこれたとコメントされていました。
ネットで検索してみますと色々な賞も受賞されていて素晴らしい方であることが世の中からも認められていて何故か私も少し嬉しくなりました。
番組の出演者からのコメントにもありましたが「どんなに良いことであっても大企業は儲けがなければ手をださない」といった面は確かにあると思いますが、まさにこのような部分へ行政がフォローに回ればよいのではないでしょうか?。医療や福祉の部分でも無駄がはびこっている中、半ばボランティアに近い形で努力されている方には手も貸してあげられない日本って? あ~~っ、考えているだけで嫌になってしまいますね。
馬鹿役人方に堀田さんの爪の垢でも飲ませてやりたいものですね。


2005年度シチズンオブザイヤー賞受賞
2007年度吉川栄治文化賞受賞
2007年足立区民文化賞受賞
2008年厚生労働省技術感謝状

・東京堀田製作所「身障者用高齢者用オーダーメイド自転車」
 http://www.h5.dion.ne.jp/~hotta/

・yahoo動画「つくり続けて1600台~堀田健一と障害者用自転車~」
 http://streaming.yahoo.co.jp/c/t/00347/v02029/v0202900000000448706/

リハビリテーション分野で奮闘している皆さんが書いた
ブログが結集しています。

一度覗いてみて下さい。
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


<前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>

FC2 Blog Ranking">FC2 Blog Ranking




 
スポンサーサイト
山田規畝子(著) 高次脳機能障害者の世界~私の思うリハビリや暮らしのこと~

「壊れた脳生存する知」「それでも脳は学習する」で有名な、医者であり高次脳機能障害と闘う山田規畝子さんが「高次脳機能障害者の世界~私の思うリハビリや暮らしのこと~」を執筆されました。
医学の知識をもった当事者が客観的に症状や対処方法について分析し、リハビリテーションや生活について綴られた貴重な一冊ですよ。


リハビリテーション分野で奮闘している皆さんが書いた
ブログが結集しています。

一度覗いてみて下さい。
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


<前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>

FC2 Blog Ranking">FC2 Blog Ranking




 
高次脳機能障害に関連した番組

皆さんは先日の「NHK福祉ネットワーク」もう一度働きたい~高次脳機能障害・社会復帰への道~
をご覧になりましたか?
私は仕事の都合で見逃してしまい悔しい思いをしていたのですが、次週に再放送が予定されているという情報を得ましたのでお知らせします

「NHK福祉ネットワーク」
前回:2月9日(月) 20:00~20:30(教育テレビ)  
再放送:2月16日(月) 13:20~13:50(教育テレビ) 
神奈川リハや、名古屋リハ臨床心理士の阿部さんが出演されているようですよ。

NHK福祉ネットワークページ
http://www.nhk.or.jp/heart-net/fnet/


リハビリテーション分野で奮闘している皆さんが書いた
ブログが結集しています。

一度覗いてみて下さい。
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


<前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>

FC2 Blog Ranking">FC2 Blog Ranking




 
NHKスペシャル 闘うリハビリ 

平成21年2月8日にNHKスペシャルで放映された「闘うリハビリ」シリーズについて。
これまでは機能訓練を中心にまとめられていましたが、今回は霞ヶ関南病院の斉藤先生や桜新町リハビリテーションクリニックの長谷川先生らの「気持ちの部分にアプローチする、やる気のでるリハビリの方法」へ取り組みが非常に印象的でした。

近年はエビデンスが重視されている風潮があり、エビデンスが必要な部分ではあるものの様々な病態や人間性に対しアプローチするリハビリテーション分野において、実際問題エビデンスを出すことに対し躍起になっていると「その人らしさ」「全人間的復権」「人生を観る」といった大切な部分を見落としてしまうのではないか心配です。

今回のNHKスペシャル闘うリハビリでは、元写真家の方が再度カメラを握るまでの気持ちの変化を紹介する場面や、一側上肢機能がほぼ全廃の方々をゴルフ打ちっぱなしへ誘い、参加者が笑顔で活動に取り組んでいる場面がありました。急性期や回復期入院中盤あたり(患者さんによって異なる)まで、皆がこのような訓練ばかりをしていますと本来必要である機能回復に対する取り組みが疎かとなり、かえって問題となる部分もでてくるかもしれませんが、時期よっては大事な取り組み(活動)だと思います。

急性期、回復期、維持期・在宅などの各時期別に「できる事」「やらなければいけないこと」「時期別の専門性の違い」など、リハビリテーションと一口にいっても幅広く単純にはいかないのが人間でありリハビリテーションだと思います。


・NHKスペシャル闘うリハビリ 2008 2/10 第一回あなたはここまで再生できる ~脳がもつ可能性~ NHKオンライン→ http://www.nhk.or.jp/special/onair/080210.html
・NHKスペシャル闘うリハビリ 2008 2/11 第二回 早期リハビリ”常識”への挑戦 NHKオンライン→http://www.nhk.or.jp/special/onair/080211.html


リハビリテーション分野で奮闘している皆さんが書いた
ブログが結集しています。

一度覗いてみて下さい。
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


<前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>

FC2 Blog Ranking">FC2 Blog Ranking




 
疼痛部位治療に関する情報です

あまり聞いたことのない名前で、たまたま得た情報ですがご紹介します。
おそらく柔道整復系のテクニックかとは思いますが、ネットで検索しても中々ヒットしません。
少し怪しそうな感じですが、名前を知っておくくらいはいいですよね

ナプラパシー(Naprapathy、編集部注=脊柱や胸郭などの過度に緊張している靭帯に疾患の症状が由来するとの理論に基づく診療法)と呼ばれる、昔から実施されているがあまり知られていない代替療法によって、治りにくい疼痛を緩和できる可能性があるという。
ナプラパシー療法では、手技療法(マッサージ)、栄養カウンセリングのほか、場合によっては温熱、超音波、コールドレーザーなどの物理療法により結合組織(靭帯、腱、筋肉など)の痛みを治療する。米ナプラパシー医療高等専門学校National College of Naprapathic Medicine(シカゴ)のPaul Maguire博士によると、ナプラパシーは非侵襲性かつ苦痛なく効果を得ることができる治療法で、歴史もあり、同校は2008年に設立100年を迎えたという。手根管症候群、腰痛、頭痛、頸部痛、膝部挫傷、坐骨神経痛、肩痛およびテニス肘などに有効であるとされる。
腰痛および頸部痛患者400人強を対象に実施された最新の研究では、痛みと付き合う方策や活動的であるようになどのというような標準的な医師の助言を受けた患者に比べ、ナプラパシー療法を受けた患者は、疼痛が緩和される比率が27%高く、身体障害リスクの軽減率も18%高いことがわかった。全体では、ナプラパシー療法群では、標準治療群に比べて回復したと感じる比率が44%高かったという。
現在、米国でのナプラパシー施術者の免許はイリノイ州およびニューメキシコ州の2州でのみ交付されている。米ニューヨーク大学ランゴンLangoneメディカルセンターのGerard Varlotta博士は、結合組織の手技療法は線維筋痛症、一部のリウマチ性疾患のほか、スポーツ医学の分野でも有用となる可能性があるとする一方、施術者がきちんと教育を受けているかどうかを確認する必要があると指摘している。多くの優先医療給付機構(PPO)はナプラパシー療法を支給対象としているが、メディケア(米国の高齢者医療保険)やメディケイド (低所得者医療保険)では医師が特に処方した場合を除き対象としていない。

ヤフーヘルスケアコラムより
http://health.yahoo.co.jp/news/detail/?idx0=w20901093



リハビリテーション分野で奮闘している皆さんが書いた
ブログが結集しています。

一度覗いてみて下さい。
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


<前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>

FC2 Blog Ranking">FC2 Blog Ranking




 

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。