フリーエリア

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 、リハビリテーションに関わる全ての人へ

お取り寄せ


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「リハビリテーションリスク管理ハンドブック」を購入しました。現在は地域で働いているのですが、呼吸 管理や循環器リスクが必要なケースが増え、ターミナルケアの範囲となるケースも多くなり、リスク管理が重要な状況にあります。「循環器リハ」「呼吸リハ」など真新しいようなネーミングで真新しい雰囲気をかもしだしている分野もありますが、基本をきちんとおさえておけば特に新しい団体などは必要にないように感じますね。お山の大将になりたがる人間も多いのがどこの世界でもあるので、このあたりの分野でも同じといったところでしょうか。話しがもどりますが、今回リハビリテーションと名の付く「リスク管理」関連本をさがすと、あまりの少なさにビックリしました。もっと沢山あると思っていましたので正直「怖い」といいますか、寂しいといいますか、臨床の現場では直接先輩から色々と教わることや、医師や看護師さん叱られながら成長し、これまで「急性期」分野の勉強をあまりしてこなかった私にとっては「かなり意外」でした。この分野がまだまだ発展途上なのをあらためて感じた出来事でした。ちなみに、「リハビリテーションリスク管理ハンドブック」は亀田メディカルの先生が執筆されているのですが、よくまとまっていて臨床で使いやすい内容ですのでお勧めですよ。ブログ村に登録しました。↓応援していただけると日頃の励みになります。応援のクリック宜しくお願いします。にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ
<前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>FC2 Blog Ranking">FC2 Blog Ranking">最近発売されました「リハビリテーションリスク管理ハンドブック」を購入しました。現在は地域で働いているのですが、呼吸 管理や循環器リスクが必要なケースが増え、ターミナルケアの範囲となるケースも多くなり、リスク管理が重要な状況にあります。「循環器リハ」「呼吸リハ」など真新しいようなネーミングで真新しい雰囲気をかもしだしている分野もありますが、基本をきちんとおさえておけば特に新しい団体などは必要にないように感じますね。お山の大将になりたがる人間も多いのがどこの世界でもあるので、このあたりの分野でも同じといったところでしょうか。
話しがもどりますが、今回リハビリテーションと名の付く「リスク管理」関連本をさがすと、あまりの少なさにビックリしました。もっと沢山あると思っていましたので正直「怖い」といいますか、寂しいといいますか、臨床の現場では直接先輩から色々と教わることや、医師や看護師さん叱られながら成長し、これまで「急性期」分野の勉強をあまりしてこなかった私にとっては「かなり意外」でした。
この分野がまだまだ発展途上なのをあらためて感じた出来事でした。
ちなみに、「リハビリテーションリスク管理ハンドブック」は亀田メディカルの先生が執筆されているのですが、よくまとまっていて臨床で使いやすい内容ですのでお勧めですよ。

ブログ村に登録しました。
↓応援していただけると日頃の励みになります。
応援のクリック宜しくお願いします。
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


<前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>

FC2 Blog Ranking">FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。