フリーエリア

理学療法士、作業療法士、言語聴覚士 、リハビリテーションに関わる全ての人へ

お取り寄せ


カテゴリー


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第23回 日本臨床整形外科学会学術集会 (7月18日~19日)

ネットのニュースで見つけた記事です。
柔道整復師の状況は以前から気になっていましたけど予想していたよりも大変そうですね。
どの職種もライセンス取得者の数が増えるにつれ質が低下する傾向は同じようです。


整形外科と柔道整復師、外傷巡るトラブルが10年間で約2倍日本臨床整形外科学会会員が柔道整復師の施術実態を報告

2010年7月30日 星 良孝(m3.com編集部) カテゴリ:一般外科疾患・整形外科疾患・その他


 日本臨床整形外科学会は7月18日のシンポジウムで、柔道整復師による施術、療養費請求の実態について報告した。柔道整復師の不正請求事例、柔道整復師での施術事故の報告などが報告され、外傷の治療、あるいは施術を巡って、整形外科と柔道整復師との間のトラブルが大幅に増えている現状が報告された。

初診前、慢性疾患の15%が医療類似行為へ

 山根整形外科・外科(兵庫県)の山根敏彦氏は、柔道整復師の療養費請求に不正請求の可能性があると指摘した。柔道整復師の療養費は、受傷部位の数に従って請求される制度になっている。厚生労働省の2008年度の療養費頻度調査によると、都道府県ごとに請求部位の数にばらつきがあり、大阪府、兵庫県、徳島県、奈良県では請求部位3部位と4部位で7割以上を占めるのに対して、岩手県や愛媛県では3部位と4部位を合わせても2割程度にとどまっていた。山根氏は、「都道府県ごとにけがの仕方が異なるということになるが、それは違和感がある」と述べた。

 山根氏らは外傷部位の数の実態を調べるために、日本臨床整形外科学会会員に対して、09年6月22日に調査を実施。初診患者数、初診外傷患者数、外傷部位数を調べた。1386医療機関で、初診患者は2万1578人で、外傷患者は7939人だった。受傷部位の平均は1.22部位だった。柔道整復師からの請求部位数と大きく乖離があると示したことになる。

 さらに、医療機関初診直前の患者行動についても、2010年3月の1カ月間に調査した。その結果、外傷患者の4.1%、慢性疾患患者の14.7%、交通事故患者の5.4%が、柔道整復師、あんま・マッサージ、鍼灸、整体の施術を受けていた。この中でも、山根氏が問題視するのは、慢性疾患の14.7%が柔道整復師を含む医療類似行為の施術を受けていること。柔道整復師は、捻挫、打撲、骨折という外傷治療に限って施術することが認められており、柔道整復師が不正に慢性疾患のフォローしている可能性を指摘する。

整骨院は10年間で1.4倍に

 大きな問題となるのは、重大疾患が見逃され、適切な診断と治療を受けられない可能性があること。山本整形外科(大阪府)の山本哲氏は、医療類似行為にかかわる健康被害を報告した。山本氏は、2000年6月から2002年4月までの23カ月間の同様な健康被害の調査結果と比較しながら、2009年6月から2010年6月までの12カ月間の調査結果を示した。浮き彫りになったのは、健康被害が大幅に増加していること。

 過去調査と比べると、調査期間が短かったにもかかわらず、報告書数は164件から317件に増加。報告症例数も189例から395例に増えていた。健康被害のうち接骨院が占める割合は76.2%から、94.7%に高まっていた。整骨院で打撲として施術されていた患者が骨肉腫だった例、打撲がアキレス腱断裂だった例、関節リウマチが整骨院で施術されていた例などが報告された。

 背景にあるのは整骨院の増加が関係する可能性があるという。2000年、整骨院は約2万4500カ所だったが、2010年には3万4000カ所を超えるまでに増加した。柔道整復師の養成学校の設置が1998年以降に増えたことが整骨院増加を促した。

医師国保の療養費比率が高い

 解釈に難しいデータも示された。相原整形外科の相原忠彦氏は、医師とその家族の健康保険組合である「医師国民健康保険組合」の療養費の実態を報告した。柔道整復師療養費を見ると、2003年は約2億7500万円だったが、2007年は4億3700万円と、1.6倍に増えていた。2007年の医師国保医療費に占める柔道整復師療養費の割合は1.24%で、国民医療費に占める割合0.98%よりも高いという皮肉な結果となった。

 会場では「柔道整復師のトラブルは整形外科以外の医師には関係がない。我々が何とか対応するしかない」といった声が上がった。しかし、柔道整復師の施術トラブルが実際に重要な問題を招いているとするならば、整形外科以外の診療科に所属する医師から見ても妥当と受け入れられる対応策を示して、理解を得ていく必要はありそうだ。


リハビリテーション分野で奮闘している皆さんが書いた
ブログが結集しています。

一度覗いてみて下さい。
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


<前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>

FC2 Blog Ranking">FC2 Blog Ranking









★amazonリハビリテーションライブラリー
 http://library77.web.fc2.com/
★セブンアンドアイリハビリ本オンライン書店
 http://7andylibrary.web.fc2.com/
スポンサーサイト

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

キャリアブレインニュースから見つけた記事を紹介します。
動画もありましたのが、時期が過ぎると見られれなくなっちゃうので
早めの視聴をお勧めします。

《7月30日に「『チーム医療推進会議』関連団体打ち合わせ会」》
 打ち合わせ会に参加したのは日医、日本歯科医師会、日本薬剤師会
日本病院薬剤師会、日本放射線技師会、日本理学療法士協会、日本
作業療法士協会、日本言語聴覚士協会、日本栄養士会の9団体。日本
理学療法士協会の半田一登会長から、関連団体で協議の場を持っては
どうかとの提案があり、開催に至ったという。日医からは、羽生田俊
副会長と藤川常任理事が出席した。

 藤川常任理事は会見で、「各団体とも、(厚生労働省の)『チーム医療
推進会議』や(下部組織の)看護業務検討ワーキンググループの進め方
に問題があるということで一致した」と表明。「特に、『特定看護師』
の創設を前提とした厚労省の進め方には問題があるとの認識だ。各委員
の意見を尊重せずに、厚労省が強引に進めているとの印象を皆が持ってい
る」と述べた。特定看護師の創設についてはさらに、「医師に代わり、特
定看護師が指示をすることに各専門団体から反対の声が上がっている」
「法律を変えてまで新しい職種をつくることにはどの職種も賛成しかねる」
とした。

 また、厚労省の研究班が実施している看護業務実態調査の医療処置項目に
「リハビリテーション(嚥下、呼吸、運動機能アップ等)の必要性の判断、依
頼」「理学療法士・健康運動指導士への運動指導依頼」などが入っているこ
とについて、「これは理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の専門性を否定
するばかりでなく、国家資格を持つ職種の成り立ちを無視するものだ」と指摘。
これらの権限が看護師に移譲されれば、結果的にチーム医療の円滑な推進を阻
むものになるとして、「全く容認できるものではないということでも一致した」
と述べた。その上で、チーム医療推進に当たって「重要なのは、一部の突出した
職種をつくることではなく、看護職をはじめとしたすべての職種の全体的なレ
ベルアップを図ることだ」と強調した。

 藤川常任理事は今後について、「厚労省と日医の(看護業務実態)調査結果
が出たらもう一度(9団体で)集まり、調査結果を見て、声明を出すなら一緒に
出す可能性はある」と述べた。一方、特定看護師創設に意欲的な看護団体との
関係については、「もし議論したい、説明したいということであれば、話し合
いには応じる」との姿勢を示した。

http://www.cabrain.net/news/article/newsId/28882.html


リハビリテーション分野で奮闘している皆さんが書いた
ブログが結集しています。

一度覗いてみて下さい。
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


<前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>

FC2 Blog Ranking">FC2 Blog Ranking









★amazonリハビリテーションライブラリー
 http://library77.web.fc2.com/
★セブンアンドアイリハビリ本オンライン書店
 http://7andylibrary.web.fc2.com/

テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

大腿骨頚部骨折/転子部骨折の作業療法

最近、日本作業療法士協会から「大腿骨頚部骨折/転子部骨折の作業療法」パンフレットが出ました。
http://www.jaot.or.jp/kankobutsu/pdf/daitaikotsu.pdf
一部の作業療法士の方はこれまでも取り組まれていたはずですが、「新しい分野への取り組み」がはっきりと示された瞬間だったのではないでしょうか?

理学療法士と作業療法士の違いが明確となっているパンレットのようには感じませんでしたが、今後の方向性が気になる情報でした。

言語聴覚士や理学療法士の分野が割合はっきりとしているのに対し、作業療法士はADLのみにこだわっているような?機能面も重視しているような?不思議な集団のようにも感じます。
PTとSTで専門分野が重複している部分は少ないですが、OTとST、PTとOTはかなり重複しているように感じませんか?

同僚のOTから「人間作業モデル」や「作業科学」といったOTの根本となる学問の講習会に行った内容を伝達してもらいましたが、その学問をすすめている人達も考え方が偏りすぎている印象がありました。

OTはある意味オールマイティの良さも感じますが軸がないような少しずれているような不思議な感覚があります。
医療現場になくてはならない存在のOTですが、ぜひ一致団結して作業療法アイデンティティーを確立してほしいものです。

専門性のせめぎあいよりは互いの前進のために色々と考えたいですよね。

リハビリテーション分野で奮闘している皆さんが書いた
ブログが結集しています。

一度覗いてみて下さい。
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


<前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>

FC2 Blog Ranking">FC2 Blog Ranking















テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

NHKプロフェッショナルリハビリが、人生を面白くする~作業療法士・藤原茂~より


今日の職場ではリハ職員がこの話題で盛り上がっていました。

特に作業療法士は「OTとはこうあるべきだ」「さすが藤原先生」

etc・・・・・

肯定的な反応がほとんどです。

「涙を流すシーンに感動した」という話しも多かったですが私はお涙ちょうだい的な部分は嫌いです。

気持ちは分からなくもないですが、本当に頑張っているのは本人や家族なのです。なんだかんだ言っ

てもこちらは「お仕事」ですからね。

結果を求める事や効率化を求める姿勢は大事ですが感情だけで訴えてもどうかな?と思っている性

格の悪い私です。

人間って心底福祉の心が強い方もいると思いますが、そういう方比較的少ないです。どちらかとい

うと感動しようとしている自分自身が好きなだけであったり、最終的には金銭的な部分へはしっていっ

たり、地位名誉であったり・・・・・・・・・話がずれてきました。藤原さんって偉いなーーーって思う反面、

なんとなく好きになれないんですよね。



リハビリテーション分野で奮闘している皆さんが書いた
ブログが結集しています。

一度覗いてみて下さい。
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


<前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>

FC2 Blog Ranking">FC2 Blog Ranking


テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

リハビリが、人生を面白くする
~作業療法士・藤原茂~

いよいよ今夜放送です
NHKの説明文が渋いですね。
直接の講演も拝聴したことがありますが面白い取り組みです。
たしか、上田法などのファシリテーションインストラクターもされていたと思いますが
バイタリティーあふれた凄い方ですね。

山口県に、脳卒中などで言葉や体の機能を損なった人々が驚きの回復を果たして全国から注目される介護の施設がある。心身機能などの改善率は、全国平均を大きく上回る。
この施設を立ち上げたのは、作業療法士の藤原茂(61)。作業療法士は、さまざまな運動や遊びなどを通して心身の機能の回復を目指しながら、日常生活を支障なく送れるよう手立てを講じる、リハビリの専門職だ。

藤原の施設は、笑いと驚きに満ちている。
壁のあちこちに張られたクイズ、施設で開かれるカジノ大会。娯楽を通して、脳と身体を動かし、機能回復を目指す。さらに、わざわざ邪魔な位置に垂れ幕がかけられ、手すりのかわりにつかまりにくいタンスが置かれている。バリアフリーではなく「バリア・アリー」にすることで、日常の動作をリハビリにつなげるのだ。
藤原がよって立つのは、「心が動けば、体は動く」という信念だ。本人の意思が引き出されれば、リハビリはもっと楽しくなる。そして、病気になる前以上に、人生を輝かせることができる。

番組では、8年前、脳出血で倒れ、身体と言葉の自由を失った男性に密着。これからの人生をどう生きればいいのか、悩んでいた。藤原は男性に、ひとつの挑戦をもちかける。二人は、新たな人生を掴み取ることができるのか。
「不自由だからこそ、人生はもっと面白くなる」と信じる、リハビリのプロ・藤原の流儀に迫る。

NHKホームページより抜粋
http://www.nhk.or.jp/professional/schedule/index.html


リハビリテーション分野で奮闘している皆さんが書いた
ブログが結集しています。

一度覗いてみて下さい。
にほんブログ村 病気ブログ リハビリテーションへ


<前へ> <一覧> <ランダム> <次へ>

FC2 Blog Ranking">FC2 Blog Ranking





テーマ : 伝えたい事 - ジャンル : ブログ

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。